はじめての方にオススメ
日本株式投資の収支(投資開始~2017年末。ほぼ勘でやってました)
スポンサーリンク

こんばんは、きむきむです。

今日は僕が日本株式投資を始めた当時のことを振り返ってみようと思います。

 

自分の日本株投資の収支について、恥を承知で公開します。
キレイな下降曲線を描いていますね。笑
泣きそうなグラフです・・・。

情弱な僕が日本株に手を出したのは2017年6月頃でした。
当時は軍資金が40万円ほどしかなく、適当な投資系雑誌を買い
そこに掲載されていたオススメ小型株をとりあえず2,3銘柄保有することに。
チャートの見方もほとんど意味が分からず、日々の株価変動に対して無駄に一喜一憂していました。
そんな中、始めて一ヶ月ほどゆるやかに動いていたある保有銘柄の株価が突如、
急激に下落しました。


ストップ安でした。

調べて見ると、どうもその銘柄の決算発表があったようで、その結果が最悪だったため一気に投げ売りが発生したとの事。
決算発表って何?
やばい、とにかく売らなきゃ。。。
あれ?成行売りを入れたのに全然売れないぞ?なんで?
てな感じで、仕事中にスマホを見ながらあたふた。

結局、ストップ安の日には保有400株のうち100株のみ約定したまま終了。
2日目にさらに大きく下落した後、残り300株全て売却。
悪いことに、その銘柄は当時のポートフォリオでなぜか一番ウエイトを高く保有していたので
全体の資産の20%超を2日で失うことに。。
元金が少なかった当時としてはもの凄くショックを受けた記憶があります。


そこから(というのが遅いのだが)、株式投資についての本を色々と購入。
株価変動の材料となるのはどんなものがあるのか、テクニカルに基づいてのチャート分析など
簡単なところを自分なりに勉強していきました。


そして、教科書通りに色々なエントリー方法を試し、収支は安定(というか停滞)していきました。
ただ2017年といえば、日経平均株価が10月に16連騰したときがありましたよね。
その時に下手くそなりにトレードしていたので、2017年末にはなんとかチョイ浮きで終わることが出来ました。
今思うと、それで少し図に乗ってしまったのかも知れません。

意外と簡単かも、と。

次の年に入ったら、坂を転げ落ちるような損失が待っているとも知らずに。。


2018年収支は次の記事にて。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事