はじめての方にオススメ
無茶は禁物!トレードでの適正ロットを考えよう
スポンサーリンク

どうも、情弱です。

みなさんが普段トレードする際に投入している資金は、
全資産のうちのどれくらいのウエイトを占めているでしょうか?


矢口新さんの著作 短期トレード教室によると、
「適正なポジション量は緊張感が持続し、かつ、恐怖感のない金額」
とあります。



これは人それぞれで尺度が全く違ってくると思いますが
僕の場合は、証券口座に入れている全資産のうちの約25%の金額
トレードに投入しています。
紆余曲折の結果、このあたりで落ち着きました。


僕が株式トレードをはじめて間もなかった頃は、ほぼ全額、相場へ投入していました。
しかも信用取引をやっていたので、
言ってしまえば全資産の100%以上の額をガンガンリスクに晒すという
無謀っぷり。


その結果は前回の記事の通りです。


散々痛い目にあってきて、やっとロットを小さくする事を覚えました。

まず自分に見合っていない資金を投入すると、
株価が四六時中気になって目が離せなくなります。
そして、値動きに超敏感になり、
・ちょっとの値上がりで即利確
・ちょっとの値下がりで即損切り
という自分都合の、
相場を無視したヘタレトレードを連発することにつながります。
(まあ、ヘタレ損切りするならまだマシですね。
ポジションMAXで損切り出来ないのは論外。即退場)

常にモニターに張り付いて値動きを監視出来る環境がある人なら
スキャルピングで一気にロット上げて超短期勝負というのもありかもですが
スイングトレードでポジション取りすぎると本気で死にます。

といっても、始めて間もない状態の人にはもしかすると
伝わりづらいかも知れませんね。
心のどこかで「自分なら大丈夫だろう」と考えている部分があるかもですが、
そういう人は一度ボロボロにやられたら嫌でも分かります。
僕がそうでしたから(笑)

トレードをやるからにはお金への執着は誰しも持っているはず。
その本能とロットを小さく抑えるのは相反する事なので
最初はひどく退屈でじれったくストレスに感じますが、
それが出来るようになってからが本当の勝負ではないかと僕は思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事