はじめての方にオススメ
感情的なトレードをやめられない理由
スポンサーリンク

こんばんは、きむきむです。

今日は、株式を売買する際に感情的なトレードをしてしまう理由について、情弱なりに分析してみたいと思います。

上の図は僕が2017年から日本株式投資を始めてからの収支グラフです。
始めたてで知識が乏しかったのも当然原因の1つですが、
損失が著しく加速している中盤の部分は間違いなく、
感情的なトレードによるものが大きいです。


典型的な例としては、
・機会損失が怖いので、根拠が薄かろうが関係なく常に何らかの銘柄をポジっている
・ちょっと含み益が出たら怖くなりすぐに利確してしまう
・損失確定するのが嫌で損切りができない、むしろナンピンで損失を拡大してしまう
・一度損切りしたら、その銘柄は怖くてしばらく売買できなくなる
・損切りしたらムキになり、ロットを上げてすぐに取り返そうとする

とかが該当するでしょうか。


この辺は一通り、それも何回も経験してきました。
これらを克服しない限りは、
トレードで勝ち組になれることは100%ありません。

しかし分かっていても、なかなかやめられない。直らない。

なぜなのか。

理由としては簡単で、
上記のような感情的トレードで失敗し、痛い目にあった経験が全然足りてないから
という事に尽きるのではないかと思います。


人それぞれの性格によりトレードスタイルは千差万別ではあるでしょうが、
トレードを始めたてで感情的にならない人はまずいません。
大半の人がお金目的でトレードを始めたはずなので、
多かれ少なかれ自分の中の欲望や恐怖と戦う事になります。

言ってしまえば、トレードが上達するという事は、感情を抑え、本能を捻じ曲げる必要があるので、ちょっと勉強しただけでは理屈は分かっても本当の意味で理解出来るわけではないです。


でも、たくさんの失敗がそれを可能にします。
それもただの失敗ではなく、自分のメンタルがかなり揺さぶられるような大きい失敗なら尚更良いです。
その方が強烈な経験として頭に残り、次は絶対に同じ事を繰り返さないぞと、
初めて肚で分かるのではないかと思うからです。
小さく賭けたものが損失になっても対して痛くないので、あまり反省もする気にならないですよね。
ましてやデモトレードでの失敗なんて、もはや失敗とすらカウントされませんね。


僕の場合は、散々失敗しまくり損失を重ね続けた結果、
最近では、感情を抑えて計画的にトレードをすることが少しずつ出来るようになってきました。
勝敗は別としても、決めたところで売買出来たなと感じるトレードが多くなってきました。
損切り直後でも、チャンスと見れば同じ銘柄をドテンしてすぐさま反対のポジションを持ったりもします。
以前ではまず出来なかった事です。


当時はひたすらに損失、無駄だったとしか思えなかった失敗トレードが、
後々になってしっかりと活きていると実感する事は多いです。


なので早くトレードが上手くなりたいのなら、どんどん恐れず失敗しましょう!
失敗無しに人は成長しません。トレードも同じです。
失敗した分だけ成功が近づいてきます。
僕もまだまだ失敗しながら日々学んでいきます。

でも何度も言いますが、チャレンジするのは、無くなっても良い資金でね。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事