はじめての方にオススメ
多重債務の恐怖!借金を重ねる人のマインドとは?
スポンサーリンク

僕は数年前、完全な多重債務者でした。

 

情弱ゆえに投資詐欺にあい、ネットワークビジネスで失敗し、自分のエゴのためにリボ払いを繰り返した結果、給料の大半が借金返済に消えていく生活を長い間続けることになってしまいました。

 

当時の借金はすでに完済しましたが、それでも数年という時間がかかりました。

そのとき失ったものはお金だけではありません。
お金があれば出来るはずだった様々な体験をする時間も機会も棒に振ってます。

お金がないというのは、それだけやれることに制約が出てしまうということです。

 

今回は、僕のような情弱なバカを一人でも減らしたいという一心で、自分の実体験を紹介していきますので、僕を反面教師としてもらえればと思います。

 

特に、新社会人の方は、初めてもらえる給料に浮足立つことが非常に多く、色々と失敗を重ねやすい傾向にありますので、よければ参考にしてください。

 

以下で書くことは、お金について少し勉強さえしておけば全て回避可能です。

 

それでは、どうぞ!

借金を次々に重ねていくときの心境

社会人になって2年目で一気に暴走してしまった僕は、

  • マイカーローン 120万円
  • 投資詐欺の被害額 200万円
  • ネットワークビジネスの商品購入費 30万円

 

の借金を一気に背負いこんでしまいました。

その辺りの詳細は以下の記事に書いてますので、気になる方は読んでみてください。
要約すると、とりあえず情弱なバカだったからこんなことになったんだな、という内容です。

 

でも、僕はここでは止まりませんでした。

なんとこの状態から、さらに借金を積み重ねていきます。

  • 旅行
  • 脱毛

など、今すぐ必要でないものも構わず買いまくっていました。

 

なぜこんな愚かな行動を平気で出来たのかというと・・・

 

そのときの僕は、何かにお金を使うとき
月々の支払いがいくらになるのか?という判断基準しか持ち合わせていなかったのです。

 

要するに、いくら借金が増えても、毎月の給料の範囲内に収まっていればとりあえずなんとかなるだろう、という考えでした。
今の僕からしたら全力でツッコミを入れたくなりそうなアホさ加減ですが、当時の僕は本気でそう考えていました。

 

というのも、上記でお金を使った分はほぼ全てリボ払いにしていたのです。

 

リボ払いは本当に恐ろしい支払い方法

 

引用元:エポスカード

リボ払い(リボルビング払い)とは、上の図のように毎月の支払額を一定の固定額にして分割で返済していく支払い方法のことで、最近はこの方法で買い物する人が増えてきています。

 

大きな買い物をしても、それを分割で支払えば月々の負担が減る上に

今月はちょっと苦しいから、5000円だけ返しとこ・・・

とか

今月は少し余裕あるから20000円返すか。

といった感じで、毎月いくら支払うかも自分で変更できるのです。

ということで消費者に優しく、使い勝手が良い支払い方法だよね!

 

・・・というのがカード会社の宣伝文句、ですね。

 

でも騙されてはいけません。

このリボ払い、その使いやすさゆえに下手すれば人を破滅に導いてしまう超極悪な支払い方法になり得ます。

金利がめちゃくちゃ高い

リボ払いは確かに便利です。

でも分割で支払期間を伸ばすことをカード会社が良しとしているのは、その高すぎる手数料と言う名の金利をかけられるからです。

 

リボ払いを常日頃使い続けている人はあまり気にしないのかも知れませんが、なんと年率換算で15%もかかってきます
住宅ローンは1%からあり、マイカーローンは高くて5~6%ということを考えると、マジでボッタクリとも言えるくらいの暴利です。

 

ということは・・・

毎月10000円ずつ返済していく予定だった人が

今月ちょっと苦しいから5000円だけ返しとこ!なんてしたら、その分借金返済までの期間が長くなり、金利をかけられる時間も伸びることで返済額も増え、カード会社がより潤うようになっています。

要するに、

 カード会社は、消費者に少額ずつダラダラ返済してもらうことを望んでいる

ということになります。

僕はその狙い通り、見事にハマっていたんですね。

支払いを分割することの弊害

支払期間を伸ばすことによる弊害はもう一つあります。

 

それは、自分の身の丈を超えるお金を使っているという認識を薄めてしまうということ。

 

真っ当に生活していれば、リボ払いのお世話になることなんか無いんです。
あったとしても、この月だけ臨時で支出があったが来月は支払いできる見込みがあるので、今月だけ分割で!くらいのもの。

 

リボ払いが数ヶ月レベルで続いているような人は、お金の使い方を確実にどこかで間違っています

 

自分の余力を超える無茶な金遣いをしているのに、
その感覚を分割払いで薄く薄く引き伸ばし、その事実を忘れさせてしまうのです。
毎月ちゃんと支払いを続けていけてるし、手元に現金も残ってる。問題ないでしょ、というように

大いなる勘違い野郎を産み出してしまいます。

僕は借金地獄にハマった

さて、再び僕の話に戻ります。

無計画に続けたリボ払い

もともとの借金の上に、さらにリボ払いを重ねたことで
給料の大半を借金返済に持っていかれるという異常事態になっていましたが、僕はまだいまいち事の重大さに気づいていませんでした。

月々の返済額が結構増えたな・・・。
でも給料の中でまだやりくり出来てるし、まだなんとかなるだろ。

 

とか思っていましたが
その頃には、月末になると1万円も手元に残ってないくらいカツカツの状態でした。

なおかつ、当時の貯金はほぼゼロ。給料が1ヶ月でもストップしたら完全にアウトです。

 

そして、この時の僕はある重大な見当違いをしていました。

同期の結婚式での祝儀代や医療費、交際費など、年に数回なにかしら発生する臨時支出。

僕は、これらの事を全く計算に入れていませんでした

 

貯金も、月々の残額もほぼゼロ。そんなときに上のような臨時支出が発生したら、どうしてたのでしょうか?

 

あろうことか、がんばって借金返済している途中のカードローンをまた借り増すことで、その場をしのいでいたのです。

 

ここまで借金漬けになっていることが情けないことだと自覚していたため、恥ずかしくて誰にも頼れず、自分だけでなんとかしようとした結果でした。
もう本当にどうしようもない状態ですね・・・。ドン底の時期です。

 

そのうちに、固定費の支出だけでも赤字の月が出てくるほど生活に困るようになったため、ここでやっとマイカーを手放すことに考えが至りました。

借金漬けの果てに

これだけの借金とともに生活していると、毎日毎日、貯金通帳の残額が頭から離れなくなります。

やば、今日食料品買ったら明日のローン支払いは足りるか?

出張でいったん建て替えたお金、早く振り込んでくれないとマジでヤバいんだが・・・

やばー!来週は同期の結婚式かよ。
祝儀代ねーよ・・・。
同期で自分だけ欠席するわけにもいかんし・・・。

 

こんな事ばっかり考えてました。

経済的ストレスが常にかかり続けている状態。これ、けっこう精神病みます。

それで集中出来なかったのが原因なのか、仕事の方もうまくいかず、先輩上司に怒られまくる日々。

 

公私ともにガタガタ。心身ともに疲れ果てていました。

 

そんな僕がストレスのはけ口として通っていたのが、パチンコでした。

 

パチンコは大学生時代からよく行っていたのですが、この時期もお金が無いくせにチョコチョコと行ってしまっていました。
ギャンブルをしない人には意味が分からない感覚だと思いますが、当時はあのガヤガヤした雰囲気になぜか自分の居場所を感じていたような気がします。

 

軍資金カツカツ。一回負けただけで致命傷。

失ってはならないお金を握りしめ、祈るような気持ちで勝負に挑んでましたが、勝てるわけもなく・・・。

さらに自分の首を締め、自己嫌悪は加速。

最悪でした。

 

 

という感じで、僕もそうだったのでよく分かるのですが、貧乏人ほどよくこういったギャンブルを好む傾向があります
これは偏見でもなんでも無く、おおよそ合っているかと思います。

一発逆転で今の貧しい状況を打破しようと考えている人が多いのか。
はたまた、ただやることがないからヒマつぶしで来ているのか。

 

なんにせよ、ちょっとお金について勉強してる人なら
それがお金稼ぎの手段としていかに期待値が低いのか、すぐに分かるはずなんです。

言葉が悪いですが要するに、ギャンブルに依存してしまう人は、マネーリテラシーが低い情弱な貧困層である確率が極めて高いです。

たまの遊びとして自己をコントロール出来る人なら別にいいですが、依存症になっている人は今すぐ克服するように努力しましょう。

借金完済、その後

借金返済がいよいよ厳しくなってきたので、まず、1番の金食い虫だったマイカーを泣く泣く売却

 

それでもまだ足りず、

  • 自分の身の回りにあった本
  • ゲームソフト
  • ネットワークビジネス失敗のため不要になった鍋やら空気清浄機

などなど、売れるものは一通り売りまくり、直近の現金を確保。

 

それでなんとか年二回のボーナスが来るまでやり過ごし、ボーナスで一気に返済する作戦を、3年弱の間続け・・・。

 

2014年12月、ようやく全ての借金を返済出来ました。

自業自得とは言え、授業料と呼ぶにはあまりにも高すぎる代償を支払うことになった、僕の実体験でした。

 

それが強烈なバネとなり、お金についての勉強を本格的に始め、数年経って今に至る訳ですが

こんな理由により、僕が資産形成を本格的に始めたのは本当につい最近のことです。

 

今振り返ると、本当に自分がやってた行為なのか?と思えるくらい考えがガラリと変わりました。変わることが出来ました。

 

僕は人並み以上に情弱で世間知らずだったため、ここまでの醜態を晒しました。
それでもなんとか再起した結果、現在は直近の生活に困らない暮らしをし、投資に勉学に励むことが出来ていることには、本当に感謝しかありません。

 

まとめ

借金を重ねる人のマインド

  • 借金を積み重ねてしまうのは、目先のことしか考えてないから。
  • リボ払いにより、自分の身丈に合っていない無茶な買い物をしているという事実を見失っている。
  • 常にお金のことしか考えられなくなり、公私ともに気持ちに余裕がなくなる。
  • ストレスを発散もしくは一発逆転しようとして、ギャンブルで散財。さらに貧困になる。

僕自身の失敗談を包み隠さず晒しましたが、いかがだったでしょうか?
馬鹿なヤツだ、と思ってくれているのなら、もう僕と同じ過ちをすることはありませんね。

 

また、新社会人の方は、お金の使い方には十分注意してくださいね。

今はお金についてまだよく分かっていないとしても、この記事を読んでくださったなら
多少はお金の勉強が必要なんだな、ということが伝わったと思います。
なので面倒かも知れませんが、少しでも良いので勉強してください。

それだけであなたの人生、格段に有利に進められますから。

 

また一部には、僕と同じように多重債務に悩んでいる方がいらっしゃるかも知れません。

辛いのは本当によく分かります。
僕も借金返済中は苦しくて、ネットで何度も同じ状況で悩む人のコメントを無意識に探してたりしましたから。。

いきなり完済は難しいので、まずは金利の高い借金を優先して返済していき、
負債が”多重”になっている状態から脱却することに全力を尽くしましょう。

負債の数が減っていけば、自分の気持ちがだんだん軽くなっていくのを感じられます。

 

この記事が、過去の自分のような人に届くことを心から願っています。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事