はじめての方にオススメ
インフルエンサーに振り回される情弱投資家になるな!
スポンサーリンク

インフルエンサー。

世間に与える影響力が大きい人物のことをそう呼びますが、

株式投資において、彼ら彼女らの言うことを半ば思考停止状態で真に受け、言われるがままに売買してしまう投資初心者があまりにも多すぎると感じます。

 

そこで今回は、投資を始めてから間もない方にとって少しでも参考になればとの思いで、本記事を書いていきたいと思います。

そんな事もう知ってるわ!っていうベテラン投資家さんの方も、再確認のためにぜひ読んでみてください。

 

インフルエンサーになるとどんなメリットがあるのか

インフルエンサーの影響力は本当に絶大です。

自分という存在を無条件を信頼してもらえる立場になっているので、

  • 自分の意見はことごとく称賛してもらえる
  • 自分のつぶやいた銘柄はすぐ注目される
  • 商材を出したら内容問わずバカ売れ

 

などなど、基本的には何をやっても数の暴力という武器でなんとかなってしまいます。

 

実際、Twitterでインフルエンサーがツイートした銘柄は、それだけで好材料視され、急遽爆上げすることがよくあります。

インフルエンサー〇〇の注目銘柄!というまとめサイトがあるくらいです。

日本人はイナゴ投資家になりやすい

インフルエンサーは、我々のような弱小個人投資家にとって、ときには神のように崇められる存在になることもあります。

 

特に投資初心者の方は、どの銘柄に投資して良いかほとんど分からない状態からのスタートになるため、インフルエンサーの注目銘柄を見て、何も考えずに買ってしまうことが非常に多いです。

というか、投資始めたての人は誰もが通る道!みたいになってる感はありますね・・。

 

しかも、日本人というのは特にミーハーな人種で、大衆心理に飲まれやすく、同調圧力に非常に弱いです。

そのため、インフルエンサーの言うことやることを絶対視し、さらにそれを一緒に盛り上げている個人投資家たちを見ると、自分も簡単に触発されてしまいます。

あれだけ有名でフォロワーが多い〇〇さんが言うなら間違いない!
みんなも買ってるしな♪

 

という感じで、その人の言及した銘柄を対した下調べもなくサラッと便乗買いしてしまいます。

 

イナゴ投資家なんかがまさにそうですね。

詳しくはググればいくらでも出てきますので割愛しますが、イナゴ投資家とは、インフルエンサーが巻き起こす大波に短期的に便乗しようとする投資家(投機家)のことを指します。

インフルエンサーに乗っかるとどうなるか

そう言う僕も、以前はインフルエンサーが言及した銘柄を鵜呑みにして全力買いし、その直後に大火傷をした経験があります。

以下の記事に詳細を書いてますので、興味のある方はどうぞ。

 

 

ちなみに、インフルエンサーが言及して株価急騰した銘柄というのは仕手株化することが多く、株価急騰後には逆に物凄い暴落が待っている場合がほとんどです。

インフルエンサーが銘柄をつぶやき、弱小個人がそれに群がる。でも群がったときには時すでに遅し。

直後にみんな焼き尽くされるという黄金パターン

この流れは、何も知らない投資初心者が新規で入ってくる限り、何年経っても同じように繰り返されます。

 

ここでの1番の問題は、買った株がその後下がって損失を被ったことではなく、

買った理由が完全に他者依存になっていること

 

自分はこの銘柄についてよく分かっていないが、インフルエンサーが良いって言ってるから多分大丈夫だろ。

 

と、初心者の人はよくそんな風に考えがちです。

でもこれは絶対に無くさなければならない考え方です。

株式投資における責任は全て自分にある

 

自分の大切なお金なのに、なぜ知り合いでもなくどこの馬の骨かも分からない人の言う事をやすやすと信じて投資してしまうのでしょうか?

 

それは、

自分で考えるのが面倒だから。楽に儲けたいから。

 

に他なりません。

こうやって書くと馬鹿みたいに見えますが、投資を始めたての人はけっこうな割合でこういう考えを持っています。

まあ、初心者ということで投資で痛い目にあった経験がなければ、最初はナメてかかって当然と言えば当然ですが・・・。

 

投資を始めた当初の僕も、似たようなもんです。インフルエンサーの言うことを真に受けて見事に失敗しましたが、そのときは

きむきむ
投資で成功した人の言った銘柄を素直に買って勝てるんなら、別にそれで良いじゃん!

 

という気持ちが確かにありました。

完全に他者依存の考えでしたね。

また、このときには、以下のような考えも持っていました。

きむきむ
大勢に影響をもたらすインフルエンサーが、まさか適当な事を言うわけないよね!

高い確率でそうなると確信してるから、銘柄の売買ツイートが出来るんだと勝手に思い込んでいたんですね。

もしそれが外れたならフォロワーの信頼を失うから、適当なことやウソを言ったりなんてリスクの高いこと、まさかしないだろう。という具合に・・・

 

残念ながら、それは甘い考えです。

どれだけフォロワー数の多いインフルエンサーでも、けっこう平気で適当なことを言います。マジです。

 

そりゃそうですよね。

どんだけスゴい人でも、僕らと同じ、にんげんだもの・・・みつを(笑)

だからこそ、インフルエンサーの言うことといえど、鵜呑みは厳禁なんです。

 

しかも良くないことに、他者依存の理由で株を買う人ほど、負けたときには自分ではなく周りのせいにしてしまいがちです。

買うと判断したのは自分のはずなのに、です。

超自分勝手な考えですよね。あとあと気づいて自己嫌悪すること必至です。

 

ちなみに、イナゴ投資法という手法も実際あるようで、それでそこそこ稼いでいる人もいるようですね。

基本的にはインフルエンサーの動向やTwitterのつぶやきを常日頃から逐一チェックしておき、何かあれば瞬発力よく株に飛び乗れるようにしておくのが主戦略になるかと思いますが・・・僕はこれには否定的ですね。

 

この投資法が一歩間違えれば超危険というのもありますが、何より、再現性が全くないということ。

情報のソースとなるインフルエンサーがいなくなって、自分1人にされたときに同じことができるのでしょうか?

おそらく、無理ですよね。

 

というように、この投資法を続けていても全く自分の投資力を成長させることにつながっていないというのが、最大の欠点ではないでしょうか。

 

ではどうすればいいのか?

ではどうすればいいのかですが、

まず1つは、インフルエンサーの言うことはあまり真に受けないこと

 

確かに彼らは歴戦の勇士でしょうから、有益なツイートもバンバン流してくれることでしょう。

でも、インフルエンサーだって自分たちと同じ、普通の人間。彼らの言うことがいつも正しいと考えてはダメです。

実際Twitterでも、トレードのポジションについて、あるインフルエンサーが

インフルエンサー
〇〇の銘柄は、このタイミングで買いだ!

 

とツイートしましたが、次の日には

インフルエンサー
状況が変わったので、買いは見送りました。

 

とツイートすることもザラ。

でもツイートを鵜呑みにする人は、上のツイートを見た瞬間に買ってしまい、状況の変化についていけないということが結構起きたりします。

 

実際、以前の僕も投資初心者の頃、まさに上のようなパターンで早とちり買いをしてしまい、

きむきむ
昨日は”買い”って言ってたじゃんか!!
ふざけんな~!!

 

って叫んでいたことがありましたが、

これは別にインフルエンサーが悪いという訳ではありません。

刻一刻と変わっていく世界情勢に対応することを考えると、投資家の言うことがコロコロ変わるのはむしろ普通のことですからね。

でも、自分で考えずインフルエンサーの言うことを真似るしか出来ない弱小個人には、この変化についていくことが出来ません。

 

なので、2つ目としては

インフルエンサーの言うことはあくまで参考程度に受け止めておき、最終的にその銘柄を買うかどうかは、自分でよく調べて判断する。

これが最も重要です。

そうすることで、自分で納得し、自分の責任で投資をすることができます。それで負けても他人を責めるような醜態を晒すこともありません。

まとめ

インフルエンサーに振り回されない為には

  • インフルエンサーの情報は、あくまで参考程度にとどめる。彼らの言うことは絶対ではない。
  • SNSのフォロワー数が多い=信頼出来る、とは限らない。
  • 最後の判断は自分でする。自分の投資は自分の責任でするものだということを自覚する。

色々と書きましたが、とにかく、投資をするときにはしっかり自分の意思を持ってほしいという事だけ伝われば十分です。

言葉だけ聞くと当たり前過ぎてあくびが出るレベルなのですが、これが意識出来ていない人をたくさん見てきたから、この記事を書いているわけです。

 

人の真似だけして投資で成功できるなら誰も苦労しません

”個人投資家の9割は株式投資で負けている”という事実から見ても、それがよく分かりますよね。

 

 

それでも、投資について勉強を重ねていけば、長期的には高い確率で勝てるというのも事実。

短期間で一気に資産を築こうなんて甘い考えは捨て、自力をコツコツ上げていく。

それだけを意識しつつ、投資と付き合っていく。

遠回りのように見えて、実はそれが1番の近道なのでは?と思ったりします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事