はじめての方にオススメ
投資詐欺に遭遇。その後の日々
スポンサーリンク

2011年。社会人になって2年目の春、僕は投資詐欺により現金200万円を一気に騙し取られました。

 

手元に資金はほぼゼロ。その状態から、カードローンを組むことになりました。

 

 

上の記事に、僕が投資詐欺にあった経緯が書いていますので、気になる方は読んでみてください。
ざっくり要約すると、SNS経由で知り合った人に騙され借金を背負ったという内容です。

 

今回書いていくのは、詐欺にあったその後の話です。

少しばかり物語調の語り口になりましたが、バカなヤツだと笑いながら読んでもらえればと思います。

契約後、自動売買ソフトで運用開始

売買契約書にサインし、その日のうちにカードローンの契約、現金200万円を出金。

帰宅後に、自動売買ソフトのインストール作業。

運用資金20万円をとりあえず証券口座内に入れ、運用をスタートしました。

 

きむきむ
何かグラフ?のようなものが表示されてるな。
おっ、よく分からんけど値が動いてる!
あとは放置でOKやね・・・。

 

当時の僕は投資のトの字も知らない状態。

なにか色々指標の表示が出ていたような気もしますが、何一つ分からず。

チャートなんて見たことも聞いたこともありませんでしたが、とりあえずソフト内で自動売買が始まったことだけ確認したあと、しばらくの間、放置していました。

 

数日間は値動きが気になってちょくちょく運用画面を覗き込んでいましたが、その時点ではまだ目立った変化はなし。

業者さんは、長期で見ないと収益アップは実感できないと言っていたのを覚えていたので、だんだんと見る頻度が減っていきました。

 

約1ヶ月後。

 

あのソフトの運用結果はどうなってるかな?ある程度は増えたんだろうか?

と思いながら画面を開いてみると・・・

 

僕の運用額は、元金の半分以下になっていました。

きむきむ
えっ!???
まじかよ、これ大丈夫か・・・?

 

短期的にはマイナスになる事もあるとは聞いていましたが、ちょっと急激に減りすぎじゃないか?

と思い、いったん業者へ相談。

すると、

業者
あー、まあ短期的にはそういうこともありますよ。
でもね、長い目で考えなくちゃダメです。
もう少し待っていれば必ず増えていきますから。

 

と言うだけでした。

 

半信半疑ながらも、とりあえず業者の言うことを信じて、もうしばらく待つことにしました。

 

さらに3週間後。

 

証券口座を覗くと、僕の運用額はさらに半分以下になっていました。

何かがおかしい。絶対おかしい。

 

僕は業者に再度メール、電話をして連絡を試みました。

が、何度やってもつながりません。

 

ここでようやく、詐欺の可能性を僕は考え始めました。もっと早くに勘づけば良かったのですが・・・。

 

 

投資詐欺の最もやっかいなところはここです。

投資ゆえに、短期的には結果が出ないことを前面にアピールしてくるため、もし詐欺だったとしても断定するのがかなり遅くなってしまいます。

結果、こちらが訴えたときにはすでに業者がトンズラした後、というパターンになりやすいです。

弁護士に相談

業者と完全に連絡が取れなくなったため、僕は詐欺だとほぼ確信。まずは、消費生活センターに相談することにしました。

 

事情を担当者に説明したところ、数日後に一人の弁護士を紹介してもらい、あとはそちらで話を進めることに。

 

弁護士事務所にて、再度事情を説明。

例の自動売買ソフトのインストールCDを証拠品として弁護士に渡し、中身を確認してもらいました。

すると、

弁護士
あれ、なんだこれ。
CDの中にはショートカットが1つあるだけですね・・・。

 

大層なパッケージに包まれていたそのインストール用CDの内容は、ほぼ空だったのです。
サイトへのショートカットが1つ、入っているだけ。

インストールは自分でやったはずなのですが、そんなことにも特に違和感を覚えなかったのでしょう。

 

それ、CDにする必要ある??????

って考えは、当時の僕には浮かばなかったんですね・・・。本当にボケ丸出しでした。

 

兎にも角にも、これで詐欺だというのが弁護士に伝わりました。

次は、業者を訴える準備に入ります。

 

被害者(僕)の証言を具体的に残すため、
僕はWordを使い、A4で3枚分びっしりと経緯詳細を書き出すことに。これがなかなかの重労働でした。

 

書きながら、僕は今まで感じたことがないほどに惨めな気分になりました。

 

自分が情弱だったせいで、業者にいいように利用され、そしてポイ捨てされた。

業者に腹が立ったのももちろんありましたが、何より自分が許せなくて、激しく自己嫌悪に陥りながらも
なんとか書類は完成。

 

書類提出後、後のことは弁護士さんにお願いし、しばらくの間は何事もなく時間が過ぎていきました。

 

取り返せる、そう思いきや

ところが、3週間、4週間と経過しても、弁護士さんから何も連絡が来ません。

 

心配になり電話すると

弁護士
すみません、相手がコチラの要求になかなか応じなくて。
証拠を突きつけて強く言ってはいるのですが・・・。

 

と、何とも頼りない返事が返ってきました。頼むよ、あんたしか頼れる人いないんだよ・・・

 

と思いつつ、さらに2週間ほど経過したころ、弁護士さんから電話が。

弁護士
やっと相手が要求に応じてくれました。
これからお金取り返しますよ!

きむきむ
ホントですか!?やったー!!
ありがとうございます!!

 

これで少しは目減りはするけど、お金がある程度戻ってくる・・・俺はやり直せる!

 

そう思ってました。

 

ですが、何日待っても入金の連絡がありません。・・・心配になり、弁護士さんに電話。

弁護士
あれから業者とやり取りしていたのですが、
どうも一括での返金が難しいらしく、分割で応じるという話になってます。

きむきむ
・・・は?

 

意味が分かりませんでした。

 

一括での返金が難しいってどゆこと?俺が渡したお金をそのまま返すだけなのがなんで出来ないの?

という疑問が渦巻きましたが、

きむきむ
・・ちゃんと全額返してくれるなら、まあいいか・・・?

と思い、このときはあまり言及しませんでした。

 

これがそもそもの間違いです。

なぜなら、この時の僕は年利15%超のカードローン200万円という借金を持っている超危険な状態

 

 

本来は分割で返金なんて、絶対に許してはいけないんです。

じゃないと、僕のカードローンの悪魔的に高い金利がどんどん積み重なってしまいますからね。

1秒でも早く返さなければならないお金だという自覚が、この期に及んでまだ足りていませんでした。

さらに、よくよく話を聞くと予想外の情報がもう1つ。

弁護士
あ、ちなみに最初の2ヶ月は成功報酬として私の方で差し引きますので、
そちらに入金されるのは3ヶ月後からになります。

きむきむ
ええぇ・・・。

 

当然ですが、弁護士さんもタダでこの仕事をしている訳ではありません。取り返すお金から自分たちの成功報酬を差し引くことになります。

ただ、それが確か全額に対して2~3割。結構引かれます。

 

そこから1ヶ月経ち、2ヶ月経ち・・・

ついに、僕の口座に入金される予定の月になりました。どれだけ待ったことか。

 

・・・しかし、いくら待っても入金がありません。

もうその月が終わろうというときに、居ても立っても居られなくなり、弁護士さんに電話すると、、、

弁護士
誠に申し訳ありません。
業者との連絡が取れなくなり、入金の催促をすることが出来なくなりまして・・・

 

 

・・・絶句しました。

嫌な予感はしていましたが、どうやら業者が完全にトンズラしたらしく、返金の催促をしようがなくなりました。

引き続き業者の追跡をします!見つけ次第また連絡しますので!・・・と言って電話を切られましたが

その瞬間、僕の中にあった小さな希望の灯が、スッと消えていくような感覚に襲われました。

 

これ、もうダメだな。と。

 

その後

弁護士さんからの返事は、その後朗報を待ち続けて半年が過ぎたくらいでもう諦めました。

 

結局、僕の元には1円もお金は戻ってきませんでした。

成果は、ゼロ。

それどころか、返金を勝ち取るため奔走した膨大な時間も無駄となり、さらに借金は依然としてフルに残っているという絶望的な現実が僕に重くのしかかりました。

 

・・・という、なんとも救いようのない話。

 

その後、以下の記事で書いたようなさらなる泥沼にハマっていきます。

興味のある方のみ御覧ください。

 

要はこんなこと書いて何が言いたいのかというと

お金についてあまりにも無頓着だと、こんなアホみたいな詐欺にも平気で引っかかっちゃいますよ!

だからまずはお金を増やすためではなく守るために、お金について早い時期から勉強していきましょう!

ということだけです。

 

僕のような体験をするのは稀なのかも知れません。

ですが、お金に疎いというのはやはり人生を過ごす際、色んなところで少なからず損します。

 

そのときになってから後悔するのではなく、事前に勉強しておけば問題をうまく回避出来るかも知れません。

自分だけのためではなく、自分が大切にしている人のためにも、ぜひとも勉強していきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事