はじめての方にオススメ
【悲報】アルバイトを長く続けても意味はないという話
スポンサーリンク

学生時にアルバイトをたくさん経験してたら、就活で有利だよね。
スキルも評価されるだろうし。

本業の収入が増えないな・・・。
アルバイトでもして生活を楽にするか。

 

今回は、そのように考えている方に色々モノ申したいことがあります。

 

成人すると多くの人がアルバイトを経験しますよね。

一番の目的は直近の食い扶持を稼ぐことですが、中には将来使えるスキルを身に着けようと高いモチベーションを持っている方も。

 

ですが・・・

アルバイトを長く続けたところで得るものは少なく、時間の無駄遣いとなってしまうことがほとんどです。

今回はそんな趣旨のもと、話を進めていきます。

 

全国のアルバイターの方全員を敵に回しかねないタイトルですが、ひとまず読んでみてください!

アルバイトはどういう人がしているのか

学生、フリーター

言うまでもなく、基本はこの人たちですね。

基本的にヒマ&手持ち金が少ない人がほとんどなので

  • 生活の足しを確保する
  • 友達と遊ぶお金を自分で稼ぐ

などが主な理由でしょうか。

 

アルバイト人口の大半を占めます。

サラリーマン

最近では非正規で働いている方々も増えてきていることもあり、日本の平均年収は下降の一途を辿っています。

 

そんな背景から、本業をやりながら、空き時間に副業としてアルバイトをするサラリーマンが増えています。

まだ会社に入って早々の若手もいれば、40~50代のアルバイターさんも結構見かけます。

 

もしかしたら不景気の為に首を切られた中年層が、今後さらにアルバイトに駆け込むことになるかも知れませんね。

 

実は僕も数年前、投資詐欺にあったことで生活が圧迫され、多額の借金返済をなんとかこなしていくために、会社で内緒でこっそりバイトをしていたことがあります。

本業が終わってからの夜勤でシフトを入れてもらっていたため、体力的にかなり負担を強いる期間でした。

借金完済して早々に辞めましたが・・・。

 

 

他にも、シングルマザーの方や、貯金が少ない還暦過ぎの方などもアルバイトに従事していると思いますが、

今回はいったん、学生とサラリーマンの方に絞って書いていきます。

 

アルバイトから得られるもの

アルバイトを通して、お金を稼ぐ他にも得るものがたくさんあると思っている人は多いです。

  • バイト先の業種に特化したスキルが身につく!
  • お客さんと関わることで社会性が身につく!

とかですかね。

 

そう言う僕は、大学生時代には昼も夜もバイト三昧という時期がありました。

 

  • 授業が終わった後、夕方から焼肉屋でバイト
  • それが終わった夜の12時からコンビニの夜勤。朝まで

 

という狂ったシフトを組んでるときもザラにありましたね。若いが故の暴走です。

それに加えて、1日単位の短期バイトもちょこちょこ挟みつつ、様々な業種を経験しました。

 

きむきむ
アルバイトして社会経験をたくさん積んでおけば、社会人になったときに役に立つだろ。

って、漠然と考えつつバイトをしまくっていましたが・・・

 

残念ながら、それは大きな勘違いでした。

 

アルバイトを散々、人並み以上に多くこなしてきた僕が振り返ってみても、現在になっても生かせている要素はほぼ皆無だという事実に気づきました。

 

正直に言ってしまうと、アルバイトから得られるものはそこまで多くありません。

アルバイトで身につけたスキルは、その場限りで終わるものが大半です。

 

と考える僕から見て、冒頭での彼らの話にモノ申したいと思います。

アルバイトに関する大いなる勘違い

学生、フリーターの勘違い

アルバイトをたくさん経験してたら、就活で有利だよね。
スキルも評価されるだろうし。

まず、就活においてアルバイト経験の有無が合否判定に影響を与えるという考え。

これがそもそも間違いです。

 

採用基準として最も重要視されるのは、その人と一緒に働きたいと思わせられるか

これだけです。

 

アルバイトを数多く経験してきたというのは、あなたの人となりを少々アピールするための手段の一種に過ぎず、決してあなたの持っているスキルが評価されている訳ではありません。

 

学生時の活動が企業的に即評価されるのは、その職に沿った体験をして何らかの功績をあげているなど、かなり実務に近い経験をしたときに限ります。

 

そもそも会社側は、彼らから見たらほぼ赤子に近い若者が持ってるスキルなんて、ハナから期待していません

スキルは会社に入ってから身につけてもらうのだから、それはどうでもいいのです。

 

でも、アルバイトでスキルが全く学べないとは流石に言いません。

例えば接客スキルなど、社会に出てもずっと使えるものは確かにアルバイトから学べたりします。

が、それって何年もかけなくても一通り学べますよね?

 

こう言ってしまっては申し訳ないのですが、アルバイトの身分で任される仕事は正直タカが知れています。

それを何年もかけて極めたとしても、大して自慢にはなりません。

 

アルバイトは就活において、あなたの人となりをアピールするための手段の1つに過ぎない。

学生のみなさんはまずこれを是非、頭に入れておいてください。

 

サラリーマンの勘違い

本業の収入が増えないな・・・。
アルバイトでもして生活を楽にするか。

 

給料が低いサラリーマンが、収入の足しをつくるためにアルバイトをする。

これで直近の食い扶持はすぐに稼げるでしょう。

 

ですがこれを続けていったところで、将来のあなたの生活は決して楽にはなりません。

本業の収入が低いという根本的な問題が解決していないからです。

 

サラリーマンとして平日は定時まで勤務。これだけでも結構な労働ですよね。

ここから、さらに労働時間を加えるとなると、体力的にかなり負担を強いるはずです。

 

そんなシンドい日々を、いつまで続ける気ですか?

生活が楽になるまで、ですか?

 

1年たっても2年たっても楽にならなかったら?それでもまだ続けますか?

 

あなたが力を注ぐのは、そこではありません。

将来、自分を楽にしてくれるものを、今から育てていくこと。

考えるべきはそっちです。

 

じゃあどうしたらいいのか?

学生の方々へ

日本の学生は特に顕著なのですが、大学進学とともに生活が堕落してしまいがちです。

高校までとは全く違う解放感からなんでしょうか。

入学した時点がゴールだと勘違いしている、脳内がお花畑な大学生がバカみたいに多いです。

(当時の僕も、そのバカのうちの1人でした)

 

遊びの誘いも多く来るでしょうから、交際費にお金がかかる学生は多いでしょう。

バイトして、その給料でみんなと遊ぶ。

 

後々振り返ると、楽しい思い出として残るかも知れません。

ですが、将来的に資産をうまく運用して早いうちに楽な生活に移行したいと考えている人は、上記のような楽しいキャンパスライフを満喫しきっていてはダメです。

 

直近のお金をとりあえず確保できているなら、必要以上のお金を稼ぐためにバイトをするのではなく、将来的に自分を楽にしてくれる資産運用の勉強をしましょう。

 

もっと分かりやすく言うと、投資を学びましょう

それが後々、凄まじいリターンを生み出す可能性大です。

バイトですぐ得られる収入の、下手すれば数十倍どころか数百倍の利益を得られる可能性すらあります。

 

投資を知るなら、早ければ早いほど有利です。これは200%真実です。

 

投資なんて怖いし怪しいから出来ない!

って思っている方は、このブログ内の他の記事を色々読んでみてください。

 

投資が本当に怖くて怪しいものなら、僕はそんなモノのためにこんなたくさん記事を書いたりしません。

僕は30歳を過ぎてから投資を始めましたが、もっと昔から興味を持っていれば!と強烈に後悔しています。

 

だからこそ、早いうちに投資のことについて知って欲しいのです。

 

サラリーマンの方々へ

サラリーマンについては、少し言い方が変わります。

 

僕が数年前に止む無くアルバイトをしていた理由は、借金が多額な上に超高金利で、一刻も早く返済する必要があったからです。

カードローンは、金利15%。そんな利益を確実に生み出してくれる投資はこの世にほぼ存在しません。

よって、この借金を真っ先に返済することが最も自分にとってリターンが大きいのです。

 

僕のように、すぐに返さないといけない高金利の借金がある方は、アルバイトでもなんでもして1秒でも早く借金を完済しましょう。

スキルがどうとか言っている場合ではなく、いわゆる緊急事態というやつです。

 

もしくは、手取りの低さをすぐにでも解消したいというなら、給料がより高い会社へ思い切って転職するという手もあります。

自分が会社から安く評価されていると感じるなら、そういった道も十分に選択肢に入れて良いと思っています。

 

では次に、直近のお金には特に困ってないけど、毎月にもう少し潤いを持たせたいと考えてアルバイトをしている人。

 

その細々とした稼ぎで一生満足するならそのままで問題無しですが、将来もっと潤いを持ちたいなら、アルバイトしてる時間を使って資産運用の勉強をした方がずっと効率的です。

 

少しずつでも積み重ねていくと、自分で資産を作っていくスキルにおいて、近い将来、周りと大きな差をつけることができます。

 

まとめ

今回僕がこの記事を取り上げた理由。

大学時代にサークルにも所属せずにひたすらバイトに打ち込み、かつサラリーマンになっても金欠によりまたバイトする日々を重ねた過去を振り返ったとき、

 

その時間に見合うリターンが全くもって得られていないという事実に気づいたからです。

 

その半ば不毛とも言える時間を過ごしたことで、将来自分が大きく成長し、楽な人生を送るための勉強をする時間を全く確保できていなかったのが悔しくて仕方ないんです。

 

その後に僕が資産運用を勉強し始めて、今年で約5年になります。

もしもっと昔から勉強を重ねていれば、間違いなく今の自分の資産は倍では効かないほどのペースで膨れ上がっていたはずです。

 

これからお金を本格的に増やしていこうとしている人に、その思いを伝えたくて書いた次第です。

一人でも多くの方が将来を見据えて、自分で資産を作っていける力を高めていってくれることを願っています!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事